カーペットの雑菌を簡単に除去する方法をご紹介

カーペットは、利用頻度の非常に高い家具だと思います。
帰ってきて、足を洗わずそのままカーペットに直行してしまうこともありますよね。
そのため、カーペットは雑菌が繁殖しやすいのです、普段から除菌をすることでカーペットを清潔に保ちましょう。

カーペットに雑菌が増える理由

雑菌が増える理由
カーペットは、人が非常に多く触れる場所です。そこには、ダニが潜んでいて、人の皮脂や食べかす、ほこりを餌にします。
ダニは、高温多湿を非常に好むため、梅雨や夏の時期に繁殖します。
カーペットはあまり掃除しないのでダニの餌となるものが長い間付着してしまい、繁殖につながるのです。ダニなどの雑菌を繁殖させないためには、
定期的な換気と、除菌が非常に大切になってきます。

雑菌の繁殖が悪臭の原因に?

汗を吸収したカーペットの中で、ダニなどの雑菌が繁殖すると、雑菌たちが不快な臭いを発生させます。ダニが繁殖する前に
対策をして、不快な臭いになってしまうことを防ぐことが重要です。

カーペットの雑菌を落とす方法

カーペットの雑菌を落とす
カーペットで繁殖してしまった雑菌。1日でも早く落としたいですよね。
雑菌を落とす方法を紹介するのでしっかり覚えて、菌の繁殖を防ぎましょう!

カーペットの雑菌を落とすには熱をあてる!

カーペットに雑菌が繁殖してしまい、不快な臭いがしてしまっている場合の対処法を紹介します。
まずは、天日干しするか、スチームアイロンをカーペットにあてて熱を持たせます。
熱をあてることで、ダニなどの雑菌は除菌されます。最初に原因となっている菌を除菌し、餌を取り除いていきます。

除菌が終わったら、雑菌の餌となるものを取り除く

熱による除菌が完了したら、次はカーペット内に溜まってしまったホコリ、人の垢など
菌の餌になるものを取り除いてきましょう。
カーペットを裏返した後、掃除機をかけます。その後、風通しの良い場所に置きます。
1~2時間ほどたったらカーペットに重曹を粉のまま撒きます。重曹は、皮脂や汗といった酸性物質を中和することが出来ます。
さらに重曹は、ホコリなど細かい物質を吸い寄せる特性を持っています。
重曹を撒いて1日放置しましょう。1日後、掃除機で重曹を吸い取ります。
この時のポイントは、掃除機をゆっくりと時間をかけてかけることです。

雑菌が繁殖しないように予防・対策をする

菌が繁殖しないように予防する
雑菌と雑菌の餌をカーペットから取り除けたら、
アルコールの入った除菌スプレーを30回ほど吹き付け雑菌が繁殖しにくいように対策をしましょう。
濡れたままだと雑菌が繁殖しやすい環境になってしまうので
振りかけた後は、換気することを意識しておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?皆さんがカーペットを除菌する際に少しでも参考になれば幸いです。

adw

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA